どうして虫歯の予防が大事なの?

ひで歯科クリニック

083-902-2225

〒753-0074  山口県山口市中央4-1-1

<診療時間> [平日]9:00〜13:00/15:00〜19:00
[土曜]9:00〜13:00/14:00〜18:00

lv

どうして虫歯の予防が大事なの?

ひで歯科Blog

2018/04/23 どうして虫歯の予防が大事なの?

皆さんこんにちは、山口市の歯科医院ひで歯科クリニック、受付助手の加柴です。

 

5月を前にして夏らしい日が少しずつ増えてきましたね。

 

 

今回は、予防歯科についてお話したいと思います。

 

 

痛くないのに歯医者に行くの?

虫歯がないのに歯医者に行くの?

 

そう思われる方は少なくないと思います。

 

実際、日本人で予防のために歯科医院へ通院しているのは、全体のわずか2%と言われています。

 

ちなみに歯科先進国と言われるスウェーデンですが、なんと人口の9割が予防のために歯科医院を受診しています!

 

子供のころから歯科医院で虫歯を予防するのが当たり前なのです。

 

shutterstock_419218339

 

 

では予防で歯科医院に通うメリットとはなんでしょうか?

 

 

予防歯科治療に消極的な方からのご意見では、

 

「痛くないのにお金をかけたくない」

「忙しくて歯医者に行く暇がない」

「節約したい」

 

といったお声をよく耳にします。

 

 

しかし、痛みがないからといって虫歯がないわけではありません。

 

ハッキリと見た目で分からないような場合でも、歯の内部で虫歯が進行してしまっていることがあります。

自分の歯に虫歯の危険が及んでいないかを正確に知るためには、実際に歯医者に行ってみないと分からないのです。

 

 

では、予防歯科治療をせず、虫歯を放置した場合はどうなるのでしょう。

 

 

気付かないうちに虫歯が進行してしまい、早期発見できていれば削らなくて済んだ歯を削ることになってしまいます。

 

結果として治療費がかさみ、治療時間も増え、時間、お金だけでなく何より大切な歯を削ってしまうことになるのです。

 

 

虫歯は、一度虫歯になったら何度治療しても、完全に元の状態に戻ることはありません。

むしろ、治療を重ねれば重ねるほど、削る量、詰め物の量が増えてゆき、元の歯はどんどん傷ついていきます。

一度削った歯は二度と元に戻らないのです。

 

 

虫歯を治すのではなく、虫歯にならないために歯を守りたい。

今ある歯を、この先一生守り続けたい。

子供が虫歯で困らないようにしたい。

 

ひで歯科クリニックでは、このような考えをベースに、患者様一人ひとりに適した、予防歯科治療をお勧めしています。

 

 

 

虫歯があるか分からないけど、最近歯医者に行ってないなぁという方、まずは健診から受診してみませんか?

山口市のひで歯科クリニックでは、健診希望の方のご連絡も随時お待ちしております。

TOP