山口市で歯科健診なら(マタニティ外来、小児歯科)

ひで歯科クリニック

083-902-2225

〒753-0074  山口県山口市中央4-1-1

<診療時間> [平日,土曜]8:30〜12:45/14:30〜18:00
[日曜]矯正要相談

lv

山口市で歯科健診なら(マタニティ外来、小児歯科)

ひで歯科Blog

2018/12/14 山口市で歯科健診なら(マタニティ外来、小児歯科)

どうも、こんばんは!
山口市の「ひで歯科クリニック」です。

寒さがひとしお身にしみるころとなりました。
さて本日は妊娠と歯の関係に関してご説明します。

 

 

 

 

original_564252949

 

 

 

 

「妊娠すると歯がボロボロになる」とよくいいますが、これはホントなのでしょうか?

 

妊娠期は虫歯や歯周病になりやすいのは事実です。

「ひで歯科クリニック」でも、歯肉炎の進行した妊婦さんがよく初診でいらっしゃいます。

 

原因は、
・女性ホルモンの急激な変化による歯周環境の変化
・つわりの影響
・食生活の変化
など、さまざまです。

ちなみに虫歯や歯周病の原因はプラーク(磨き残しによる最近の集まり)です。

 

プラークをなるべく落とすために、丁寧な歯磨きを徹底しましょう!

 

また、どんなに綺麗に歯磨きをしているつもりでも、完璧に磨けていないことがほとんどです。

 

健診でプロにみてもらうことがお勧めです。

ひで歯科クリニックのマタニティ外来では、この時期に必要な予防・治療の提案や、

妊娠期、出産後に役立つ情報提供を行っております。(例えば歯科目線での離乳食や食育など)

 

 

 

妊娠中は特に歯科健診が重要!

 

①虫歯菌・歯周病菌(実は原因は全く別の菌です)の、出産後の赤ちゃんへの感染にも関わってきます。
②近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。これは歯周病による炎症が全身に波及するために起こるとされています。血流を介して全身に運ばれるわけです。
なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産のリスクが高くなることが指摘されております。
ご自身の状態を確認しておくとともに、将来の出産そして健康的な育児のためにも、健診を行いましょう!

 

 

歯科健診なら山口市、医療法人瑛幸会 ひで歯科クリニックへ!

マタニティ外来や小児歯科が充実!

どうぞお気軽にお電話ください!083-902-2225

TOP