ケーキを食べる日に糖質豆知識を

ひで歯科クリニック

083-902-2225

〒753-0074  山口県山口市中央4-1-1

<診療時間> [平日,土曜]8:30〜12:45/14:30〜18:00
[日曜]矯正要相談

lv

ケーキを食べる日に糖質豆知識を

ひで歯科Blog

2016/12/24 ケーキを食べる日に糖質豆知識を

large_c0a2c949-a8e3-4d68-9cf9-e107d9c4cd1d

 

メリークリスマス!山口市白石地区のひで歯科クリニック院長の松本です。

本日はケーキを食べる方が多いのではないでしょうか。

総務省の家計調査によるとケーキの消費はクリスマスの関係で12月がトップです。(因みにチョコレートは2月がトップ)

 

さて昨今メディアでも糖質の話は良く目にしますが、2015年3月にWHO(世界保健機関)は「成人及び子供のための糖類の摂取に関するガイドライン」を発表しました。

 

このガイドラインは肥満・虫歯予防等に焦点をあてたものです。

 

遊離糖類の摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満とすること強く推奨するとともに、更に成人で1日当たり砂糖小さじ6杯程度(25g)となる5%未満とすることがより利点があると勧めるもので、昨年3月には原案を公表し広く意見聴取していたものです。

 

遊離糖類とは、グルコースやフルクトース等の単糖類、スクロースや砂糖等の二糖類など食品や飲料の加工調理で加えられるもの、並びに蜂蜜、シロップ、果汁、濃縮果汁などに自然に存在する糖類をいいます。

 

838fa8d939a18c3af007ae276f4788b4

 

25gとなると意識しないとすぐ超えてしまいますね。

私も本日はケーキを頂きます。神経質になリ過ぎては、楽しむべき食事が台無しです。

でも生活習慣として意識はすべきですので、どうぞ参考になさってください。

 

因みにWHOは健康的な食事に関して重要な事実を他にも発表しております。

詳しくはこちらです

→【http://www.japan-who.or.jp/event/2015/AUTO_UPDATE/1503-2.html

TOP