小児歯科、小児矯正の始める時期②

ひで歯科クリニック

083-902-2225

〒753-0074  山口県山口市中央4-1-1

<診療時間> [平日,土曜]8:30〜12:45/14:30〜18:00
[日曜]矯正要相談

lv

小児歯科、小児矯正の始める時期②

ひで歯科Blog

2017/09/04 小児歯科、小児矯正の始める時期②

どうもこんばんは!

 

山口市中央(白石地区)のひで歯科クリニック院長、松本英紀です!

 

HPはこちら

https://hide-dent.com/

 

口コミで最近医療系の患者さんも増えてきました^^

 

ドクター・歯科衛生士さんなど、お口の健康の重要性が分かっている方に選ばれるのは、とても嬉しいことです。

 

 

笑顔の女の子

 

さて今回は、

 

②小児矯正の始める時期に関して

です!

 

これに関してはまず不正咬合(悪い歯並び)の原因から説明していこうと思います。

 

 

そもそもなぜ歯並びが悪くなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

・・・・・・

遺伝?と思われた方もいるでしょう。

 

お父さんが歯並び悪いから、うちの子も歯並び悪いの。遺伝だからしょうがないわよね~

 

 

実はこんな風に諦めたり、悲しんだりする必要はないのです!

遺伝的に骨格異常があったり(かなり割合は少ないです)、先天的に歯の大きさや本数が決まったり、ということはありますが、
基本的に歯並びは「顎の成長」で決まり、その顎の成長」は生活習慣で変化します。

 

 

ではその生活習慣とはなんのことでしょうか。
これは以下の筋機能のことです。

 

鼻呼吸、姿勢、舌や唇の癖

 

他にも不正咬合には誤った離乳食なども関係していますので、その点も小児歯科で来院された方、妊娠中のお母様にはお伝えしております。

 

 

 

 

ではこれで気になる、矯正を考える時期に関してお伝えします!

 

もう皆様は、歯並びと顎の成長が関係していることは知っています。

 

では顎の成長ピークはご存知でしょうか。

 

 

答えは

 

上顎が7~8歳、下顎が思春期成長の12歳頃 です。

 

 

なので6歳ぐらいまでに歯並びを含め、習癖を確認できたらベストです。

 

 

 

もちろん歯を綺麗に並べるのは基本的にいつでもできますのでその点はご安心を。

 

山口市の矯正歯科ひで歯科クリニックでは、矯正医と共に成人矯正、インビザラインも行なっております!

 

 

 

 

まとめますと

 

成長と発達の時期に合わせた適切なトレーニングが、大事なお子様の成長のポテンシャルをうまいこと活用して健康的な顔と歯並びをもたらします!

 

 

どんなトレーニングが必要か、どんな生活習慣に気をつければよいかは「ひで歯科クリニック」の

矯正無料相談をご活用ください!

 

HPはこちら

https://hide-dent.com/

TOP